FIRE 遊んで暮らして、金もある。中田先生が語る、働かない自由

教育

FIRE 遊んで暮らして、金もある。

それすなわちどんなことかというと、

FIREFinancial Independence, Retire Early)の頭文字です。

経済的自立と呼ばれていますが、中田先生がもっとわかりやすくしてくれてのが、この動画

【働かないで生きていく①】最強の早期リタイア術〜遊んで暮らして金もある〜(FIRE)

FIRE=経済的自立=遊んで暮らして金もある

なんか、非現実的で非道徳的な感じがありますが、事実そんな生き方をしておられる方もおられるどうです。

そんな話が大好きなので、比較的勉強しているほうだと思います。

まずは、何から始めるか?

まず支出の管理をします。

余ったお金を貯金してその中から、投資に回す。

これではいつまでもラットレースです。

バビロンの大富豪も、「収入の10%を貯蓄せよ」「ためたお金を働かせよ」と言っています。

まず支出を抑えて最初に投資。そのうえで収入が大きければ最高。

収入が少なくても、投資に回しているのであれば、年収は極端な話関係ないんです。

年収1000万の人が散財して年間30万投資するより、

年収400万の人が年50万ずつ投資をするのでは、格段に50万投資する人のほうがFIREに近づきます。

まぁ、1000万の人が途中から本気出して、500万とか投資に回し始めたら逆転するわけですが・・・

資産残高の目標が設定され、投資に回す金額と、いつまでに貯めたいかが決まったら、理論上はもうあがりです!!!!

パフォーマンスがいくら低迷しても、平均で達成できます。

貯蓄に回す金ができれば、もっと加速し、

支出をより抑えれば、さらに加速します。

で、どこに投資するかというと、

それも決まっています。

インデックス投資 債券 4%ルール

これがわかれば、あとは死なずに働くだけです。

【働かないで生きていく②】アメリカで話題沸騰の生き方(FIRE)

S&P500  これがインデックス投資の基本です。株高の影響もあって、全世界株やS&P500は今はやや劣勢ですが、おそらく10年後に笑っているのはインデックス投資だと信じます。

常にアメリカの成長し続ける株のオールスター500種類

これに投資するのがインデックス投資です。

あれに期待して株を買う。これに期待して株を買う。ではなく、500種の株に頑張って夢を託して成長を期待する。

基本成長している株の500種類なので、前提として成長する。成長できなくなったら、新しい会社と入れ替わりするんです。一年間に20社も入れ替わっているそうです。ちなみに日経平均は1社だけ。新陳代謝の激しさが分かります。

もちろん株なので、下がるときもあります。

そこで出てくるのが、債券。

債権はリスクが低い。利回りも良くない。

ただ、安定している。さらに株が下がったときに上がるという関係にあります。

なので、この二種類を組み合わせると、常にどちらかが上がるポートフォリオが出来上がります。

その割合をどうするか?

安全優先なら債券多め。リターン優先ならインデックス多め。リスク許容度に応じてリバランシング。

基本、買うだけ買って、ほったらかし。これが最高。

年月が経ち、十分な資金がたまったときどうするかまで解説しています。

出口戦略 4%ルールについて

たまったお金の4%を下ろして使う。というものです。

資産1億貯まったなら、毎年400万づつ使う。

25年で無くなるはずなんですが、元本がまるまる残る可能性が95%なんです。(5%の確率で負けるじゃないか!!!という人はこちら。)

チラシや電話で勧誘されたら確実に疑うレベルの話ですが、自分で運用しているとこんなことができるんです。

30年かければ基本的に誰でもFIREできる。

ほかの動画で出てくる、「モーニングスター 金融電卓」を使ってください。

金融電卓 運用-利回り|投資信託[モーニングスター]
資産形成の為の利回り計算 手元にあるまとRead more

いくら元本があって、毎月いくらづつ貯金して、利回り何%で何円かかるかが出ます。

自分の夢と未来を見てください。

大学生の皆さんおめでとうございます。みんな金持ちです。

年金なしでもやっていけます。

支出抑えれば余裕です。

頑張って生きて、ノンストレスで長生きしましょう。 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました