ロジャーパパとアメリカ株投資 株の買い時を考える 急成長半導体ETF SMHについて!!?

ロジャーパパ
S&P500の約5倍も上昇!急成長ETFのSMHを解説。今世界中から注目の集まっている半導体ETFです【アメリカ株投資】2021.1.19

相変わらず、S&P500をぶっちぎるETFはいろいろあるようです。

その中でも今回は半導体ETF SMHを紹介していただきます。

ちゃんとSBI証券から購入可能なETFです。

とにかく今、半導体が不足しているようです。

自動車から電子製品までとにかく足りない。

増産するにもコストが高く、時間もかかる。

ここでもコロナの影響が!!!ノートパソコンの需要が伸び急増。クラウドサービスの維持やデータセンターの需要も大きく伸びたのも影響。

とにかくいま半導体が足りない!!

 

直近一年間はNASDAQの約2倍、S&P500の約5倍伸びているSMH。

名称 バンエック・ベクトル・半導体ETF

英語が話せるロジャーパパからすると、バンエック・ベクトルはバネックビクターって発音になるそうです。絶対聞き取れません。

設定されたのは2011年12月、経費率はちょっとお高め0.35%。利回りは0.69%

ベンチマークはMVIS米国上場 半導体25指数 半導体利益が50%を占める米国上場大企業25社に連動する指数

SMHのトップテン銘柄

台湾セミコンダクターマニュファクチュアリング

NDIVIA

Intel

クアルコム などなど

知っているところもちらほら・・・

NDIVIAはIntelの約100倍昨年株価は伸びています。珍しくロジャーパパが表記を間違えてます。SMHと書いてあるところがIntelですね。

トータルリターンは詐欺レベルの直近一年が55%!!!! 5年でも平均34%

タイムマシンがあれば借金してこことテスラに投資する。

2011年の11月に1万ドルを投資すると約8万ドルに値上がりしているそうです。

これも結果がわかるから言えること。

個人的にはこのETFは買ってもいいレベルだと思っています。(何様?)

 

 

積立投資しているVOOや高配当のHDV、VYMと被る銘柄が少なく長期と短期の住み分けもできるので、QCLNと一緒に投資しても問題なさそう。ただ、NISAを使うかどうかで検討中。

いつも勉強になる動画を上げていただきありがとうございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました